FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六社揃踏み期 2

・1955年
参考までにキネ旬では一位から順に「浮雲」、「夫婦善哉」、「野菊の如き君なりき」、「生きものの記録」、「ここに泉あり」で興収は一位から順に「新諸国物語 紅孔雀」、「修善寺物語」、「ジャンケン姫」、「新・平家物語」、「亡命記」となっております。洋画は「エデンの東」、「スタア誕生、「裏窓」などが公開されております。
一応念のためですが「新諸国物語 紅孔雀」は5篇もので1954年12月27日に第1篇、1955年1月21日に完結篇を公開という編成ですので単純な一本ものではないことを補足しておきます。

東映は若手の量産シリーズものでプログラム編成を埋めつつ、両御大は落ち着いたペースで定番・得意分野に出演。佳作もあるがどちらかといえば膨らむ需要に対してまずは供給することが優先というふうに感じられる。この年目立つのが月形龍之介の25本出演という点で主演から脇まで本当にフル稼働という状況。薄田研二や原健策あたりより多いのに驚きます。

松竹は1954年に続きエース小津の作品はありませんでしたが、大船は俳優陣もユニット型式で安定期、京都も時代劇や喜劇を中心に大船をカバーしております。東映と違い特に供給増にすることなくペースは変わらずですね。個人的には渋谷実が「青銅の基督」を京都で撮ったことが大きな出来事でしょうか。

東宝はやはり「浮雲」ですかね。松竹同様ペースを変えずに幅広いジャンルの良作を製作公開しておりますので、1955年は東宝の年でしょうか。黒澤の「生きものの記録」は「七人の侍」からの流れとしてはどうしても興行的な成果には結びつかなかった感じ。この年は岡田茉莉子が頑張っておりますね。

大映は興行的にもまずまずでバランスも良かった年といえそう。市川雷蔵は早速「新・平家物語」主演で役者としてのステージアップのきっかけをつかむ事ができたのは大きい。溝口作品が興行ランクで2作TOP10入りしており、俳優陣も揃ったところで会社としてはこの先への期待も大きかったんでしょうが。

日活は移籍組の若手スタッフが頑張っている感じがしますが、俳優陣は前年同様で新鮮味はまだ足りません(個人的にはこの年デビューの安井昌二は推し)。「警察日記」シリーズと「女中っ子」は評価も高いのでまずは一安心というところか。専属ではないがこの年6本出演している森繁久弥は「夫婦善哉」もありこの年で完全に開花したといえるでしょう。

新東宝はこの年大蔵貢に買収されるわけですがまだまだ後年のような感じではなく、作品のデータだけ見れば他社と遜色のない陣容で良心的な作品を製作しており、名監督、名優と贅沢に思えるほど。若山富三郎がデビューしており、高島忠夫、宇津井健忙しく頑張っているようである。ちなみに森繁は新東宝でも6本出演のうえ冠作品も登場する。

2018y03m10d_212046743.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。