記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも永田大映が誕生しなかったら 2

今回は女優編となりますが、まあ看板となるのはやはりあのお三方な訳です。ただ経歴を調べてみるとそこに食い込んでいたであろう方もおりまして、月丘夢路と乙羽信子は宝塚歌劇団退団後は大映に入社(月丘は4年後松竹移籍、乙羽は2年後近映協)、南田洋子も若尾文子とニューフェイス同期(3年後日活移籍)だったりします。移籍しなかった場合を妄想するのも面白いですが、それはとりあえず置いときましょうか。

[女優編]
・京マチ子
大阪松竹歌劇団在籍時に松竹作品に出演しているが、映画界入りを決めて歌劇団退団、大映と専属契約という流れ。
その世代ではびっくりするぐらい日本人離れした容貌と流行りのブギにあわせた踊りで注目株であったわけですから、永田大映でなくてもスカウトされたであろうことは間違いないでしょう。ただしグランプリ女優という異名をとれたのは永田大映にあって、そのめぐり合わせがうまくはまった事が大きいのも間違いありません。
松竹歌劇団ということでやはり松竹が本命なのでしょうが、その個性がどうも馴染まないような気が。東映、日活はもっとないので東宝なんでしょうね。
2018y03m04d_194727234.jpg


・山本富士子
ミス日本ということもあり永田の強い要望により勧誘し契約に至っています(ちなみに永田はミス日本の審査員でもあった)。松竹もご執心だったようですが、永田の根回しに軍配があがります(松竹大谷も審査員)。
まあこちらも永田大映がなくても映画界に引っ張られていたことでしょう。問題は永田大映でなかった場合にも映画界から離れたかどうかですが(永田大映がない場合に協定が生まれたかどうかも微妙ですが、あったと仮定して)、協定崩壊後も一切映画に出演しなかったことからよほど良い条件で契約していない限り離れたのではないかと思われます。各社の足並みが揃っていた時期というのも運が悪かったですね。三国連太郎のように立ち回れるような状態ではなかったわけです。
松竹でも東宝でも違和感はないかなと個人的には思うのですが。
2018y03m04d_195105247.jpg

・若尾文子
その経緯はどうあれ大映ニューフェイスとして入社している(長谷川一夫や新演技座の話、自分の意思か他薦かと資料によって異なる)。
永田大映がなく、自分の意思で映画界入りしていなかったとしても、おそらくその容姿によりスカウトされて女優としてあったことでしょう。それは早い段階でプロマイドの売り上げが1位になったという点で、その時代に求められていたということが推測されるからであります。ただしここまでの大女優になったかどうかは巡りあわせ次第という気がします。溝口、吉村、川島等作品には恵まれている方だとはいえ、やはり増村保造作品によって開花したといって過言ではないと思われます。場合によっては一時の人気者で終わっていた可能性も十分にあったわけです。
さてさて、松竹でしょうかね。大船調でもヌーベルでもどちらもいけそうな感じがするのですが、どうでしょう。
2018y03m04d_195227478.jpg


はて、ここで悩むのが次は誰かという問題です。上記のお三方以外で大映生え抜き、そこそこ長く所属、主役級(主演がなくても可)の条件で絞ろうとすると、何とも話を進めづらい具合になってしまいます。なのでここは割り切って個人的な人選を。

・中村玉緒
中学時代に松竹、東映に数本出演してから大映と専属契約。
父・二世中村鴈治郎、兄・二世中村扇雀(四世坂田藤十郎)、長谷川一夫は叔父にあたるということで女優になるには最適な環境、また本人にもその意思があったようなので映画界入りは間違いなしというところでしょう。
永田大映がなかった場合は父・兄・叔父がどこに所属していたかによって決まってくると思われます。父・兄の松竹離脱は避けられなかったでしょうし、叔父は新東宝にあったことからも、3者とも東宝に所属していた可能性が高かったでしょう。そうなれば当人もといきたいところですが、まげものも多く勝新もいたであろうと勝手に妄想した東映あたりが妥当ではないかなと思う次第です。
2018y03m04d_200115352.jpg


・藤村志保
大映京都撮影所演技研究所へ入所後、市川雷蔵の推薦もあって相手役に抜擢される。
大卒で日舞花柳流の名取という当時としては珍しいタイプ。渡米して演劇を学ぼうとするぐらい熱意はあったようなので、芸能界に身を置いていたことでしょう。
神奈川生まれでなぜに京都の研究所に入所したのか不明ですが、その経歴からもニューフェイス等への応募ではなく着実に演技を学ぶことを選択したのであろうと思われます。よって直接映画界ではなく劇団所属経由もありえたのではないでしょうか。また世代的には劇団員がTVドラマで大活躍していた頃なので、映画メインでの活躍にはならなかったのではと考えられます。
それでももし映画界に専属していたとすれば、やはり雰囲気的には松竹あたりではないでしょうかね。
2018y03m04d_202625741.jpg


あとは叶順子、江波杏子、高田美和、安田道代(大楠)、渥美マリといったところでしょうが、男優にあわせて5名で打ち切りにいたします。わりと妄想しやすいですかね。
個人的には万里昌代が好きなのですが、新東宝移籍組ですから対象なりませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。