FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜその時代か?

なぜ1940年代~1970年代?

○なぜ1940年代からなのか?
やはり戦前ということもあり、気軽に視聴できる作品が少ない点があげられます。
1940年代以前の小津作品は37作ありますが17作は現存が確認できないようですし、山中貞雄作品は3作残っているとはいえオリジナルかどうか定かではないといわれております。
オンタイムで鑑賞された方の書籍等によりどのような作品であったかは知り得ますが、観れないものは評価しようがないということです。

○なぜ1970年代までなのか?
個人的には映画会社が「製作」「配給」「興行」を全て自社が運営管理していた時代が好きです。そうであったからこそ各社のカラーもはっきりしていたと感じられますし、より競争原理もはたらいたのではないかと思われます。
1960年代から入場者数も一気に凋落、1970年代に入り大映倒産、製作プロ氾濫というところまでが一連の流れとしてピンとくるという点もあげられます。

あくまでもフォーカスするだけで、もちろんその時代以外のものは却下ということはございません。
それ以前、それ以降のことにより評価できるものもあるでしょうし、理解できるものもあると思っております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。